• TOP
  • ここだけは押さえよう
  • 就職・転職支援サービスランキング

     

    ここだけは押さえよう

    クリニックを選ぶ時のポイント

    ■そもそも何を目指してなのか■
    ここ最近、看護師さんの転職先として、「クリニック」がとても人気なのだそうです。なぜクリニックが
    人気なのか。その一番の理由は、「働きやすさ」なんです。もっと具体的に言うと、夜勤がないこと、休み
    が安定している事です。これはしょうがない事です。女性にしても男性にしても、自分の時間が持ちたいです
    からね。

    ですが、気をつけてください。小規模であるがゆえに、ドクターや同僚看護師との人間関係も難しいですよ。
    特に、ドクターがワンマンである場合は、常にドクターの機嫌を伺っていないといけません。仮に、転職支援サービスを利用して、転職している場合は、病院の雰囲気などをきちんと把握しておいてください。いざ、
    就職してみて、失敗したなんていう事がないようにしないといけませんからね。

    また、仕事の面では、より「専門性」を磨きたいと言う気持ちが絶対に必要です。クリニックは、概ね単独
    科目かそれに近い形で診療しますので、その科目に関してはおくが深い知識が必要になってきます。大きな
    病院の場合は、異動などもありますし、どちらかというとユーティリティな能力が求められます。それに
    対して、クリニックでは専門的な職人芸を要求されるのです。例えば、注射が出来ないなんて事は死活問題
    になってくるんです。大病院ではごまかす事ができても、クリニックではごまかす事が出来ません。専門
    科目について、かなりエキスパートな能力を求められる事を意識しておいてください。すぐに慣れるかも
    しれないですけど、転職者にとってはハードルが高く感じられるかもしれません。ですので、自分がどの
    科目で働いていきたいのかを決めておく必要があります。

     

    より貪欲にいくべきです

    ■プラスαを求めるのがポイントです■
    医療業界で働きたいと思うのであれば、それぞれの資格を持っていることは当たり前のことですよね。
    ですが、内容が同じような仕事でも持っている事によって、収入が大きく変わってくる資格というもの
    もあるんです。

    例えば、看護師だけではなくて、そこに保険師の資格をプラスするなどはどうでしょう??意外かもしれ
    ないですが、これが大きな差になってくるんです。看護師と保健師って似たような職種であるのですが、
    その資格を持っているだけでかなりの収入差になってくるんです。こんな事は、医師から医師、看護
    師から看護師など、同じ業種内での転職をする方は理解している方もいるかもしれません。医療業界に
    初めて転職する方は、その異なり具合に驚く方もいるでしょう。

    資格というのは自分のスキルの裏づけにはなります。仕事内容はほぼ同じなのにもかかわらず、プラス
    アルファの資格があるかないかだけでも大幅な収入差を体験する方も多くいるんですよ。まぁ本来、
    資格を持っているというだけでは意味がないものなんです。実務にどれだけ活かす事が出来るかなん
    ですが。医療関係に従事する方は体力、精神力のほかにも判断力や適応力など、さまざまな能力が必要と
    されます。常に冷静沈着・臨機応変に対応できるように心がけることが必要です。そういう能力というのは
    資格とは関係ないですからね。そこに加えて、資格に裏打ちされた知識が必要になってくるという事なの
    かもしれませんよね。

     

    転職しやすい時期とは

    ■医療関係ではあまり関係ありません■
    一般的に、転職しやすい時期っていうのは決まっているものです。3月や10月頃に増えるといわれて
    いますよね。これは、3月で年度末を迎えたり、9月で上半期を迎えるという事情がありいます。世知辛い
    話になると、夏・冬のボーナス後である6、7、10、11月あたりは求人数が多いなんて話もあります。

    ですが、これは医療業界に関してはあまり関係ないという事でしょうかね。年中、ある程度の求人が
    出ているのが特徴です。体力的にも精神的にも苦労が多く、ストレスや大きな疲れを抱えて辞める人が
    多い医療業界では、欠員が急に出てしまうという事情があります。また、専門的な知識が必要な科目
    になってしまうと、どの時期でも求人のニーズがありますので、逆を言えば比較的早く職に就く事が
    できると言えると思います。あくまでも医療業界に関してですが、転職活動に困る事はあまりないと
    思います。正直、楽です。

    よく、転職ってタイミングといいますけど、医療業界に関してはあまり関係ないのかもしれないですね。
    というよりも、転職者側がタイミングを間違う事がなければ問題なく転職する事が出来るはずなんです。
    今現在、転職を考えているのであればえているのであればこまめに求人サイトや情報誌などをチェック
    するようにしましょう。そして、「いい求人来た」という時はそれを逃さないという事も大事なんです
    よね。他の人よりも早く情報を獲得することが、早く転職できるカギになってくるといえますね。

     

    病院選びのポイント

    ■ワークライフバランスが大事です■
    もともと、看護師という職業はとても忙しい職業ですが、それでも限度というのがありますよね。一口に
    看護といってもいろいろありますからね。病気、怪我をする人というのはたくさんいますし、患者さんの
    数だけ看護があるわけです。

    最近の医療って、細分化が進んでいます。一昔みたいに、大きな病院でなければだめというわけではあり
    ません。地域密着型の病院、最新医療ばりばりの病院、町のかかりつけ医院、特定、特殊な疾患を扱う病院
    など様々ですよね。それにともなって、自分のキャリアプランと重ねていく必要はあります。ですが、それ
    よりもなによりも、自信のワークライフバランスを第一に検討して下さい。

    いくら、看護師という仕事に魅力を感じていても、あまり働きすぎるのは良くないです。仮に、大きな病気
    がそれほどない科目であっても、夜勤が続くと疲れますし。何より、自分の時間がないという事は意外に
    ストレスなんです。だからでしょうか、最近では、大きな総合病院に勤務するよりも、特定の科目に特化
    したクリニックに勤務する人の方が多いくらいなんです。入院施設がないクリニックであれば、夜勤はない
    わけですしね。日勤だけで働く事が出来れば、自分の生活にも時間を費やす事が出来ますからね。

    自分の時間がないと、これからのキャリアプランなんて描く事が出来なくなります。それではつまら
    ないですからね。いつか、体よりも、心の体力がもたなくなります。

     

    Page top

    看護のお仕事

     

    ナース人材バンク