• TOP
  • 護師転職支援サービスのご紹介
  • 看護ジャパン
  • 就職・転職支援サービスランキング

     

    看護ジャパン

    看護ジャパンを利用するメリット

    護ジャパンを利用するメリットですが、医療制度の内容などを詳しく解説し掲載しているところです。
    例えば、「医療保険とは」などです。例えば、医療保険にしても、職域保険、地域保険(国民健康保険)、後期高齢者医療と大きく3つのカテゴリに分かれていて、そこからさらに細分化されています。それを知らないと、看護師としては恥ずかしいですからね。

    特に日本では、昭和36年に「国民健康保険法」という法律が施行されていて、日本国籍を持つ人は必ず医療保険に加入しなければならないと定義しています。これを「国民皆保険制度」と呼ぶそうですね。病気やケガをした時にこの健康保険証を病院や診療所に提示すれば、医療費のある一定の患者負担のみで済むというわけなんです。この医療保険の仕組みでは、保険者にあらかじめ保険料を払っておき、医療行為を受ける時には、患者本人は一部負担(1~3割)を払い、残りは保険者が支払う仕組みになっています。

    こんなこと、看護師でなくても知っているのですけど、改めて明記していると言う事を見ると、忘れてしまっている看護師さんが多いという事ではないでしょうか。それを避けるためにも、こういう整理された情報をよく読んで、知識とした蓄えておく必要があるのかもしれないですね。看護師さんは、ただ病気を治すことを手伝うという幹事ではなくて、患者さんとのコミニュケーションもとても大事になってきますからね。こういう事を明確に答える事の出来る看護師さんは、患者さんに頼りにされると思いますので。意外に重要な事かもしれないですね。

    ◆年収アップ、寮・託児所有りの病院を探すなら、看護ジャパンの転職サポート

     

    キャリアアップを図りましょう

    看護ジャパンでは、積極的にキャリアアップを図る看護師さんを応援しています。例えば認定看護師です。
    そもそも、認定看護師とは、社団法人日本看護協会 本会認定看護師認定審査に合格して、特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を用いて、水準の高い看護実践のできる看護師のことをいいます。
    まだ日本でも7000名程度しかいない、看護師のエキスパートと言えると思います。

    教育、認定のシステムですが、保険師・助産師・看護師のいずれかの免許保有者が対象者となり、実務研修が通算5年以上必要です(うち3年以上は認定看護分野の実務研修が必要です)。そして、認定看護師教育機関(課程)を修了します(6ヶ月・615時間以上必要です)そして、筆記試験に受かると合格です。非常にざっくばらんにいってしまうと、看護師免許を持っていて、ある程度の経験があれば、認定看護師教育機関を受講する事で、受験資格を得る事が出来るのです。その期間は半年です。これ、産休→育児休暇よりもはるかに短い期間ですよね。女性であれば、何もおそれることはないかと思います。

    中には、休職しないで大学に通う人もいるようです。働きながら勉強をするのは大変ですが、学んだことがそのまま実践できるというメリットもあります。業務と平行しながら行ける施設も多いですしね。医療機関としても認定看護師を増やして生きたいと考えているはずで、残業のないような業務調整をしてくれるところもありますので。自分のキャリアをさらに伸ばしていくためにも、必要な期間かもしれないですね。例えば、それで退職になったとしても、看護ジャパンで再就職すればいいわけですね。

    ◆全国47都道府県、約10万件の病院情報を提供!看護ジャパンの転職サポート!

     

    10万円の転職お祝い金

    ■うれしいサービスです■
    看護ジャパンを利用して、常勤での転職の場合、合計10万円の転職お祝い金を獲得することができます。
    最近は、こういったサービスを展開している支援サービスも増えてきましたよね。基本的な流れとしては、転職する事で、転職先からもらえるお金の一部を登録者に還元しているだと思いますけど、一般の転職支援サービスでは、こういったサービスはあまり聞いた事がありません。もしかすると、売り手市場であり、転職できる可能性が高い看護師さんならではの仕組みになってきているのかもしれないですね。

    ながれとしては、転職3ヶ月後、および6ヶ月後に5万円ずつ獲得する事が出来ます。非常勤でのご入職の場合だと、想定勤務時間によりお祝い金の金額が変わるので注意が必要です。転職をしたばかりというのは、どうしても不安なものですよね。 そんな時は、転職お祝い金を目標にがんばるのもよしです。 半年以上働くと職場のいいところも悪いところも把握できますからね。また、支援サービス会社から、定期的にお金がふりこまれるというのは、転職コンサルタントとの関係がなんとなく切れていないような感じがしませんか。
    ですので、何かあったら転職コンサルタントに相談しやすくなると思うのです。

    いくら離職率が高いといっても、半年でやめてしまうなんて事はおそらくないでしょう。新しい職場にすっかりなじんでしまって、転職祝い金の事を忘れてしまっている人もいるかもしれないですね。むしろ、それ位の方がいいかもしれないですね。

    看護ジャパン

     

    Page top

    看護のお仕事

     

    ナース人材バンク