• TOP
  • 護師転職支援サービスのご紹介
  • 医療人材バンク
  • 就職・転職支援サービスランキング

     

    医療人材バンク

    人材バンクが参加しています

    基本的にはそんな事はないと思いますけど、医療人材ネットで、求人も探してもないっていいうケースもあります。例えば、経験が浅い、ブランクがある、キャリアとつりあわない条件を求めているなんていう人もいますので。それでも安心なんです。

    というのも、各種条件で検索しても、ご希望の求人が無かった場合には、医療系人材バンクへ転職の相談ということも可能となっているからです。医療人材ネットでは、14個もの人材バンクが参加しています。これくらいの人材バンクであれば、何かしらのヒットがされるのではないかという期待がありますよね。なんだかんだいっても、転職支援サービスの一番の売りは、求人の数であることはいうまでもありませんからねぇ。

    ただ、個人的にはそれほど高望みしない事が大事なんだと思います。転職=条件をupさせる事が主目的であることは間違いありませんけど、それだけを望んでもしかたないというケースもあるんです。どこかで妥協していかないといけないのですよね。というわけで、まずは医療人材ネットできちんと納得のいくまで求人を探してみるといいと思いますよ。必ず、納得の出来る求人が見つかると思いますけどね。

    また、転職活動そのものを「長期戦」に設定しておけば、おのずと自分が望んでいる求人にたどり着く事が出来ると思います。のんびりと気長に待つ。これが出来るのも、売り手市場といえる医療系の仕事だからといえるでしょう。

     

    薬の世界で活躍する

    MRってご存知ですか??日本語では、医薬情報担当者といいます。主な仕事は医療機関を訪問し、自社の医療用医薬品を中心とした医薬品や関連情報を医療関係者に提供するなど新薬の宣伝活動などを行う人たちです。所謂、製薬業界での営業職にあたります。営業職といってしまうと、看護師などの医療資格は必要ないのではないかと思いますけど、そんな事はありません。というのも、MRって医薬品を扱うので、意外と看護師の資格を中心にした医療系の資格が優遇されるのです。なので、医療人材ネットでは、MRの特集を組んで、強烈にpushしています。

    MRとは、他業界の営業とは違っていて、営業活動の中心は製品の販売促進ではないのです。医薬品の適正な使用と普及を図って、使用された医薬品の情報を収集して企業に報告します。その情報を正しい形で医療関係者にフィードバックする事などを主な仕事としているのです。なので、MRは社会に貢献することが求められる職業なんです。

    MRになるためには、まず企業が行うMR導入教育を修了し、「MR認定試験」の受験資格を得ることです。MR認定試験とは、基礎学術の最低限の知識、技能を筆記テストにより確認するものです。毎年12月に実施されています。この試験に合格し、150時間以上の実務経験を修了した場合にのみMR認定証が発行されます。

    これまで、医療機関に勤めている人はちょっと戸惑うかもしれないですけど、やりがいはばっちりですね。また、看護師さんなどはこれまでのキャリアで培ってきたコミニュケーションスキルを大いに活かす事が出来るので、ぜひチャレンジしてみてもいいと思います。

     

    Page top

    看護のお仕事

     

    ナース人材バンク