• TOP
  • 護師転職支援サービスのご紹介
  • メディカル・ラポール
  • 就職・転職支援サービスランキング

     

    メディカル・ラポール

    非公開求人多数!

    実は、メディカル・ラポールの求人数のうち、約6割が、いわゆる「非公開求人」となっています。非公開求人とは、呼んで字のごとく、企業の事情で公開できない求人情報なんですが、とても多くのメリットがあるんです。というのも、応募者側は、倍率が高くなってしまいがちな転職サイトよりも、メディカル・ラポールを利用する事で、無駄な応募をする必要がなく、よりマッチした求人に応募できるという事があげられます。つまり、非公開求人を多く持つ当社を利用することは、効率良く転職活動ができるという事になります。

    ちなみに、非公開求人情報は「入手困難」な情報なんです。以外に、大手の求人サイトや雑誌などには掲載されない情報です。ですので、なかなか入手できません。メディカル・ラポールは、非公開の求人案件を数多く扱っている事が特徴なんですが、これは企業の担当者や病院(医療機関)との太いパイプがあるから実現できる事なんです。どんな転職サイトでも、非公開求人はあるといえばありますけど、メディカル・ラポールは「質」が違うのですよね。それは、実際に会員になって登録してみないとわからない話なんですよね。

    ただ、非公開求人は、様々な理由で募集されています。なので、給与やスキルや勤務条件などのきちんと確認をしておいてください。また、採用される可能性が非常に高いので、営業方針、事業展開などもある程度は確認してください。入職してみて、戸惑いがあると問題になりますからね。

     

    退職までのプロセスが違います

    メディカル・ラポールは、他の転職支援サービスとは違って、医師の求人を多く扱っている転職支援サービスです。そのため、看護師専門の転職支援サービスなどとは、違った懸念があるのです。

    例えば、退職です。というのも、医師の多くは医局に所属しています。転職先が決まり、退職する時にどのようにアプローチを取るべきかわからない人が多いのです。まず、医局という制度が世界的にみても日本くらいにしかない制度です。医局を離れてしまうと、いわゆる大学病院的な施設では働けなくなるといいます。そのシステムがいやで、海外に職場を求める人も多いといいます。

    ちなみに、医局に入っている人が、退職する場合はまず、直属の上司(医局長など)に報告し、退職届を提出するところからはじまります。報告してから3~6ヶ月ほどで退職となります。かなり時間がかかる事が予想されますので、辞意はなるべく早い段階ではっきり示すことが大切です。また、優秀な医師の場合は、そもそも辞職する事を許可されない事があります。聞いた話ですが、転職先が決まっているにもかかわらず辞職する事が出来ないで、入職を開始するのが1年くらい延長になったという事もあるみたいです。通常の求人であれば、入社するのが1年遅れた場合は、破談になるのが一般的ですが、医師の場合は、OKになってしまうのです。

    また、医局によって暗黙のルールが存在することもありますので、先輩の退局者の話をよく参考にしてみるといいと思います。

     

    Page top

    看護のお仕事

     

    ナース人材バンク