• TOP
  • 護師転職支援サービスのご紹介
  • ナース人材バンク
  • 就職・転職支援サービスランキング

     

    ナース人材バンク

    男性看護師でもOKです

    ここ数年ですが、男性看護師も増えてきました。世の中の流れですね。むかしは、看護婦だったんですもんね。
    ただ、現在は、看護師は女性だけではなく、今は男性も女性以上に活躍できる職種になっています。
    これまでは、男性の看護師というと、人工透析室、手術室、精神科病棟、ICU、救命救急室等が一般的でした。
    ですが、最近では一般病棟勤務の男性看護師も増えてきているのです。
    というのも、男性の場合は、出産・育児休暇がない為、安定した労働力が保障されるからなんですよね。
    また、結婚しているケースでは、一家の大黒柱のため、簡単にはやめる事が出来ないという側面もありますし。
    やはり、女性より腕力が強いので、体力が必要となる科目だったり、体位変換の多い職場では、男性看護師は特に必要とされ活躍の場を広げています。病院・施設からの男性看護師の採用は年々増加傾向にあるのですよ。

    とはいえ、男性看護師ならではの悩みも多いのです。それを、ナース人材バンクは解決してくれます。特に多いのが、女性が多い職場ならではの人間関係や、将来ですよね。ナース人材バンクでは、一人ひとりの悩みをしっかり受け止め、ご希望条件に合った求人をご紹介くれるので安心です。

    たとえば、女性が多い職場ならではの人間関係で悩んでいる場合では、介護施設などがおすすめです。男性が多い職場ですし、一人でも気にしないで働く事が可能です。

    また、将来の不安にしても、男性特有の包括的な判断能力が求められているのです。いわゆる、「リーダー気質」です。ナース人材バンクでは、男性看護師の最終的なキャリアを管理職に定めて、適切な求人を探してきてくれますので、安心ですよ。


    ◆看護師求人紹介 実績No.1【ナース人材バンク】 無料会員登録

     

    再就職手当受給の条件

    ナース人材バンクの中で、人気のコンテンツとして、「再就職手当」のもらい方というのがあります。
    再就職手当とは、簡単に言うと「失業保険の給付日数がある程度残っている段階で就職すると、就職手当として前倒しで受給できる」制度です。
    この制度、以外に知らない人が多いです。というか、覚えていないですね。
    というのも、失業保険を認定してもらうためには、説明会にでないといけないのですけど、その時に結構時間を割いて、説明してくれます。それを忘れてしまっている人が多いという事なんです。

    ただ、この再就職手当ですが、条件があって、厚生労働大臣が許可した職業紹介事業者かハローワークからの紹介である場合に限られます。つまり、自分で見つけた就職先の場合は支給されないのですよね。同じところで働くのだったら、お祝い金をもらってから働いてみたいですもんね。
    再就職手当は、ナース人材バンクを介して転職を成功させても、支給されます。この再就職手当は、失業保険を受け取れる期間が残っていればいるほど、多くのお金を受給する事ができますので、いい条件の転職先がみつかれば、なるべく早く入職する事をおすすめします。

    ちなみに、再就職手当受給の条件ですが、
    ①失業保険をもらえる残日数が、3分の1以上あること
    ②1年を越えて継続的に雇用されることが確実であること
    ③採用の内定が失業保険の「受給資格決定日」以後であること
    ④自己都合退職により給付制限期間を受けた場合は、待期満了後1ヶ月間はハローワーク又は厚生労働大臣が許可した職業紹介事業者の紹介により就職したものであること
    など、9つの条件があります。たくさんあるように感じますけど、非常に簡単にいえば

    ①失業保険の認定を受けてから、2ヶ月以内
    ②正社員雇用である
    ③ナース人材バンク経由で就職した
    であれば、支給されると考えていいです。結構な額になる事もあるので、忘れずに支給してもらっておいてください。

    ナース人材バンク

     

    Page top

    看護のお仕事

     

    ナース人材バンク