• TOP
  • 護師転職支援サービスのご紹介
  • 看護roo
  • 就職・転職支援サービスランキング

     

    看護roo

    夜勤専従の看護師を特集

    看護rooでは、夜勤専従の看護師を特集しています。それは、日中の学校との両立や、様々なライフスタイルに合わせた働き方の一つとして、夜勤専従という選択肢があるからです。以外に人気なんだそうですね。

    ですが、夜勤専従と聞くと、「体力的にとにかくしんどい」だとか「家庭・育児との両立ができない」とうマイナスイメージがついて回りますね。実際、そういう理由ででためらっている方も多いかもしれません。確かに、日勤と比較すると肉体的にきついかもしれません。ですが、意外とメリットも大きいのですよ。例えば、24時間の保育施設完備など、設備の整った病院も増えてきています。これであれば小さいお子さんがいる家庭でも安心して仕事をする事が出来ます。さすがに、小学校まで進んでしまうと難しいですが、それ以下の場合は、おすすめです。

    また、なんといっても夜勤手当による収入はやはり魅力的ですよね。夜勤専従となると、それほど働く事が出来ないのが実情ですけど、夜勤一回30000円なんていう場合もあります。そうなると、かなりの収入を得る事が出来るわけなんです。また、夜勤ができる方のニーズがある病院等は多いので、転職には有利なんです。それに、科目によってはそれほど大変じゃないときもあります。そんな時は、ラッキーと思えるかもしれないですね。

    まずは、自分の最終ゴールをきちんと見極めて、それに夜勤専従勤務が相応しい場合は、積極的にとりくんでもいいと思います。

     

    新生活向けです

    看護rooを含む多くの看護師支援サイトには、寮、社宅がある看護師の求人特集があります。なぜ、こううタイプの求人が人気があるのか。それにはいくつかの理由があると思います。

    まず、単純に一人暮らしでも安心出来るというのがあると思います。看護師の仕事はとてもハードですよね。そこで、以外に大事になってくるのが住環境なんです。家にいる時間くらいは、心を休めてゆっくりしないとなかなか看護師の仕事を続ける事が出来ないのですよね。また、寮というくらいですので、働いている場所のそばにあると言う事になりますので。通勤時間が少ないというのも意味があります。夜勤明けのハードな時に、電車に乗ってゆらゆらなんてかなりきついです。夜勤の場合は、帰宅時間がそのままラッシュの時間帯なんて事もあります。電車に乗ったはいいけれど、座る事も出来ないのでは、疲れは倍増しますよ。

    また、地方の人にとっては、住むところが分かっているというだけで、首都圏などの都市部への転勤、就職もかなりハードルが下がりますよね。これもかなり有利な点です。寮、それもきれいな寮を完備しているというだけで、応募する人がぜんぜん違うと思います。

    さらに、「福利厚生」という意味合いも含めて、寮は大事かもしれないですね。一般的な職業と比較すると明らかに離職率が高いですからね。看護師さんをつなぎとめておくという意味合いとしても、寮というのは大事になってくるのかもしれないですね。

     

    Page top

    看護のお仕事

     

    ナース人材バンク